kameさん、惜別の上ホロ

2012年3月18日(日)
メンバー:kameさん、oyama

 この2,3年、冬の上ホロ通いのパートナーであったK村さんとkameさんが帯広を去ることになってしまった・・・。2人とはもっとたくさんの山に、たくさんのルートに行きたかった。残念だが、2人とも山を辞めるわけではないし、きっとまたいつか何処かの山に一緒に行けるはず。今回は”上ホロ部”の解散前の最後の上ホロだ!

7:10 凌雲閣 9:30 中央クロアール取り付き 11:30 上ホロピーク 13:30 化物岩右ルート取り付き 16:30 化物岩ピーク 17:20 凌雲閣

画像


 凌雲閣の駐車場からしばらくはガスが濃く視界も悪く、「これは正面壁無理ですかね~。」と言っていたが、化物岩下あたりから急速にガスが晴れだす。どうやら初めての正面壁に懸けるkameさんの想いが通じたようだ。

画像


 久しぶりに見た晴れ渡った上ホロ。やっぱりカッコイイ。さすがに3月なので厳冬期のように手先が冷えて痛くなることもないし、快適。

画像


 八つ手岩。やっぱり化物岩よりもこっちの方が“絵”になる。

画像


 そして、近づく上ホロの核心”正面壁”。近づくにつれその迫力に圧倒されそうになる。ここを最初に登ろうと思った人はきっとキチガイにちがいない。
 
画像


 2時間ほどかかって中央クーロアール取り付きに到着。快晴無風で最高のコンディション。「さぁ、登るぞ!」と気合を入れてのリード。ところが、1Pの滝はほとんど雪で埋まっており、結局このピッチは少々急な雪田といった感じ。

画像

 続く2P目、そして核心部のはずの3P目も全てが埋まっており、ほとんど苦労なし。やっぱりこのルートは「山谷」の通り雪がまだ着いていない12月ころが一番いいのかも知れない。

画像


 そんなんで、上ホロ頂上に着いたのは11時半。これは継続しかない。ちょっと満足感に浸りかけているkameさんに「物足りないでしょう~。」と言って化物岩右へ転進~

画像


 頂上からD尾根を下っている時に再びガスが濃くなり、化物岩まで少し時間が掛ってしまった。少し時間を気にしながらさっそく取り付く。ところがこの1P目が結構シブかった。考えてみればこのルートをリードするのははじめてであった。中央クーロアールと違い雪付が悪く、バイルを閉まってトライカム、ハーケンとプロテクション過剰気味にして岩にへばりつくようにして抜ける。

画像


 1P目で時間を食ってしまい、3P目に入る時点で既に15:30。これはちょっとギリギリ。まぁ、この天気なら化物頂上からラテルネでも下山できるだろうと言うことで最終ピッチへ。時間がないので大分ランナウトしながらのリードとなった。
 上写真はフォローのkameさん。

画像


画像


画像


 最後は2人とも少々ガス欠気味で化物岩頂上に。正面壁に化物岩と初めてのルートを最後に二つも登れたkameさん。疲れた中にも満足げな笑顔がなによりもこの日の充実した登攀を物語っている。

画像


 そして、僕も最後にkameさんと素晴らしい快晴の上ホロで満足いく登攀ができて本当に良かった。この日の上ホロはまた一つの区切りとなる、いつまでも記憶に残る山行だったように思う。
 凌雲閣の駐車場に戻ったのは暗くなる直前の17時半。帰路はいつもの定番コース、上ホロ荘→山人 で充実した一日を締めくくった。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ バッグ

    Excerpt: kameさん、惜別の上ホロ 日高キチガイ~沢と焚火と雪稜を求めて~/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ バッグ racked: 2013-07-03 18:00