トヨニ岳北面直登沢~トヨニ川右股沢

〇2019年8月21日~22日  一年前は雨で途中敗退したルート。数年前の台風で林道のアプローチがなが~くなってしまったヌビナイ川へトヨニ川右股から枝尾根を乗っこしてアプローチしようという計画。国道236号の駐車帯からの入渓し、3時間半くらいでヌビナイ川左股に降り立てるのでかなり楽ではないかと思う。今回はトヨニ北面沢の遡行に繋…
コメント:0

続きを読むread more

1967峰・千呂露川二岐沢本流~四の沢

○2019年7月24~25日      数年前の台風の影響が色濃く残る日高。特にアプローチは本当に時間がかかるようになってしまった。時間のない社会人にはなかなかツライ・・・。そこで少しアプローチが短そうな北日高の千呂露川水系に入ることにした。会のメンバーと行くのも久ぶり。体力ある二人に引きづられるように登った二日間だった。 …
コメント:0

続きを読むread more

利尻山・仙法志2稜

○2019年4月20日~23日      仙法志稜は利尻に初めて登った時から目標にしていたルートであり、今回ようやくその念願を達成することができた。登れたことに関してはもちろん嬉しいのだが、心から満足したわけでは、残念ながらない。やはりバットレスをリードしなかった事は心に引っかかる。壁の状況や時間的なことを考慮した行動ではあっ…
コメント:0

続きを読むread more

定山渓天狗岳~東稜・左クーロアール

○2019年3月16日~17日    翌月の利尻に向けたトレーニングとして行った山行。定天はやはり近くていい山。トレーニングといってもホンちゃんみたいなもんですよ。 利尻の前には必ず行くような気がします。上ホロもいいけど、自宅から30分ちょっとでこんなところアプローチできるんだから札幌って恵まれた環境ですね。 16日…
コメント:0

続きを読むread more

小遠征!南アルプス北岳!バットレス!はまた今度!

2019年1月14日~18日 南アルプス 北岳バットレス  N君からの「北岳バットレス行きましょうよ~!」という有難いお誘いに乗り、H稜クラブのW君とともに冬の南アルプスにプチ遠征に行った。久しぶりの南アルプス、しかも北岳バットレス、気持ちは燃えていたが・・・。気象条件に恵まれずバットレス登攀は断念、頂上だけは踏んで帰ってき…
コメント:0

続きを読むread more

ペテガリ西沢~ペテガリA沢~ペテガリ沢川中ノ岳北西面直登沢

2018年9月25日~27日    ペテガリ西沢のF1。このあと無数に滝は出てくるが一番最初に出てくる滝の印象というのはその沢の印象を大きく決めるような気がする。ペテガリ西沢といえばこの滝のイメージが僕には強い。  やはり1年に一度、長くて中身の濃い沢を登りに行きたい。それは北海道ならやはり日高、という事になるのか…
コメント:0

続きを読むread more

芦別岳『γルンゼ』

○2018年9月18日~19日  デナリから帰ったあとはあまりモチベーションも上がらなかったが、N君からの「γルンゼ行きましょうよ!」との有難い声掛けに怯え震えながらの参加。中央のN水さんも参加してくれてとても助かりました。 18日 13:00 旧道登山口 14:45 ユーフレ小屋 19日 5:40 ユーフレ小屋 …
コメント:0

続きを読むread more

アラスカからバンクーバー、そして帰国へ!

○6月22日 Anchorage(アンカレッジ)⇒ Vancouver (カナダ・バンクーバー)  あと数日アラスカに残るN君、Yさんとは今日でお別れ。お昼すぎまでアンカレッジ市内でお土産などの買い物をしてバスで空港に向かう。スマホがあれば英語がそんなに話せなくてもある程度なんとかなるのだから便利なもんだ。16時アン…
コメント:0

続きを読むread more

フェアバンクスから再びアンカレッジへ

○6月18日 Happy Valley(ハッピーバレー)→Wiseman(ワイズマン)→Finger Mountain(フィンガーマウテン)  寒々しくも爽やかな朝。シロクマもジャコウウシも現れず。焚き火でもすればよかったと思いつつもハンドルを握り出発。  レンタカー返却日までまだ時間の余裕があるので少しゆっくり…
コメント:0

続きを読むread more

ダルトンハイウエイ!北極海へ!

○6月16日  11:00 フェアバンクス→18:00 Marion Creek Campgroud    いよいよ今日からダルトンハイウエイ!一体どんな景色が見えるのか、どんな旅路になるのか楽しみだ。 『Go North』で昨日予約した車を受け取り、スーパーで買出し。夜は基本的にキャンプを予定しているので酒や食料を買い…
コメント:0

続きを読むread more

フェアバンクスにて!

○6月14日 フェアバンクス観光  フェバンクスはアンカレッジやタルキートナよりもさらに北にあるアラスカ第2の都市であるが、アンカレッジと比べるとだいぶ田舎の感じがする。街もそんなに大きくはない。僕の中では星野道夫さんがかつて住んでいた街、そして新田次郎「アラスカ物語」にも出てきたゴールドラッシュの中心地として栄えた街、そ…
コメント:0

続きを読むread more

憧れのフェアバンクスへ!!

○6月12日  浅い眠りのままに朝が来た。といっても暗いのはほんの数時間なのだが。前日デナリから下山し僕らはまだTATのバンクハウスにいた。他に宿泊者はおらず静かだが、散らかったバンクハウスはwifiもなくあまり快適とは言えない。  バンクハウスで余っている食料で朝食を済ませたあとはレンジャーステーションに向かい…
コメント:0

続きを読むread more

アラスカ・デナリ⑩~下山、タルキートナへ帰還!

○6月8日  朝から3人で顔を突き合わせて再び送られてきた天気予報を分析する。何度もカシンリッジの行動予定と付き合わせる。好天は明日の日中までその後はどんどん悪くなり、風雪ともにかなり荒れそうだ。予備日を入れてもギリギリか、もしくはアウト。経験の少ない山域でチャレンジするにはリスクが多過ぎると判断。僕らが下した決断は「カシンリッジ…
コメント:0

続きを読むread more

アラスカ・デナリ⑨~カシンリッジ!?

○6月5日 12:10 HC 14:30 メディカルキャンプ  ゆっくりとした朝。下山が遅かったIさん、Yさんも疲れてはいるが体調は問題なさそう。昨日登頂したという余韻に皆が浸っている様子だ。さて、この日も、というかこの日の方が穏やかだで良い天気。いつにもまして眩しい白銀の世界だ。  テントサイト裏手の岩…
コメント:0

続きを読むread more

アラスカ・デナリ⑧~6194mの頂上へ!

○6月3日 10:20 ハイキャンプ(HC) 13:00 デナリパス 14:30 HC  ハイキャンプでの一夜が明けた。さすがに寒い。10時過ぎにようやく太陽の陽がキャンプ地にも当たるようになり気温が多少上がる。その前は寒くてとても行動する気になれない。  テントから出ると、晴れてはいるがデナリパスの方向は雪煙…
コメント:0

続きを読むread more

アラスカ・デナリ⑦~5000m越えてハイキャンプへ!

○6月1日 9:20 メディカルキャンプ(MC) 13:20 ウエストバットレス 15:40 デポ(5050m) 17:30 MC  本日もデポ&順応である。太陽が当たらないと寒い!ということでややゆっくりの9時半近くに行動開始。今日も天気は良い!1時間ほど上がるとメディカルキャンプを俯瞰すると本当にその広さが分か…
コメント:0

続きを読むread more

アラスカ・デナリ⑥~メディカルキャンプ入り

○5月29日 10:15 C3 17:10 C4    C3を引き払い、C4へ出発。ザックは変わらず重くて大きい。N君は必死にザックに荷物を詰め込む。なんだがザックが可哀想になるくらいだ。昨日までよりは少し気温が低かったが風はそこまで強くなくウィンディーコーナーを難なく抜けて5時間ほどでメディカルキャンプに到着。 …
コメント:0

続きを読むread more

アラスカ・デナリ⑤~いよいよメディカルキャンプ!!

○ 5月28日 9:30 C3 13:30 デポ品回収 17:10~18:00 C4 19:40 C3  今日はデポ品を回収してC4のメディカルキャンプを目指す。とは言っても一旦またデポしてC3には戻る。カシンリッジ用の登攀装備や食料が多くこのようなタクティクスになった。夜雪が少し降ったので先行パーティーのトレースを待って…
コメント:0

続きを読むread more

アラスカ・デナリ④~ウィンディコーナーへ

○ 5月27日 9:20 C3 15:00 4200m付近デポ 17:30 C3  いよいよ高度も3500mを越え、高度順応にも十分に気を遣う必要が出てくる。高度障害の症状自体は誰も出てはいないが、みんな毎日十分水分を取ることをとにかく意識し、行動終了後にはテント内でYさんが持ってきてくれたパルスオキシメーターで血中酸素濃度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラスカ・デナリ2018③~LPからC1、C3へ!

5月22日 LP→C1  いよいよ行動開始!なのだが、まずは出発に大いに時間がかかる。これまでに経験したことのない荷物の量。それを80リットルのザックと100リットルのバックを乗せたソリにバランスを考えながら詰め込み、くくりつける。おそらくザックもソリも20キロは越えてるのでは・・・とにかく重い・・・・。そりはハーネスかザック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more