小樽赤岩通い?

画像


 早いもんで北海道に戻ってきてから3ヶ月が経った。去年の今頃は名古屋でじめっとした暑さにやられていたが、こっちは日中は多少暑くなっても朝晩は涼しいくらい。もちろんクーラーも必要なく至極快適な毎日である。休みはやはり平日中心なのだが、4月末から6月にかけては中央労山の方に付き合ってもらい小樽赤岩に通うことができた。

画像

 
 十勝や釧路にいた頃は小樽赤岩は遠く、年に行けて2,3回といったところだったが、今はなんと自宅から1時間ほど。沢にもまだ早い時期ということでこの2ヶ月程のあいだで、
 ・4月29日
 ・5月11日(会の岩入門)
 ・5月30日
 ・6月6日
 ・6月23日
 ・6月26日
 と6回。まぁ、毎日のように通っている方々もいらっしゃるので特別多いワケではないかもしれないが、僕にしてみれば十分多い回数。

画像

 4月末の時はまだアプローチが雪で埋まっていた。5・10のガイドデニーよりも長靴が有効であった。

画像

 会の岩入門の時には桜が咲いていた。前夜仕事を終えて駆けつけたが、すっかりおそくなり、殆どみんな寝てしまったいたが、N水夫妻とM野さんが起きて待っていてくれたことがとても嬉しかった。

画像

 初めて登ったルートも多かった。東の大壁の佐藤ルート&小林ルート、トリコニー、ピナクルリッジ、魔天の稜線、不動岩・・・。リードしたルートはそんなには多くないが、それでも色々なルートに触れられたのは大きな収穫だったと思う。

画像

 ちなみに6月くらいから赤岩は毛虫が大発生!駐車場のトイレはもちろん、岩も毛虫がモゾモゾ蠢いていた・・・。

画像


 とりあえず『○岩リーダー』の課題は終えることはできた。これからは沢の季節なのでしばらく赤岩はお休みとなるが、また秋には登り込みに来たいと思う。『○攀リーダー』の課題と、今回フォローした不動、魔天、小林ルート・・・・・こいつらをリードすることを目標としたいと思う。

画像

 最後にいつも付き合ってくれるN水隊長には本当に感謝。帯広時代から公私ともにお世話になりっぱなし、いつか恩返しせねば~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック