阿弥陀岳北西稜

2013年4月10日・11日
K下さん、oyama

画像
 ブログのアップが遅れているが、沢シーズンの本格途中前に徐々にアップしていきたい。
 今シーズン3回目の阿弥陀岳(アイゼン忘れも含めたら4回目だ。)。今回は最も難易度がが高い北西稜。12月に赤岳主稜とともに北稜を登った際、右手に見た険しい岩峰を連ねる北西稜に魅せられてしまったのだ。パートナーはアルパインに情熱を燃やしているACCのKさん。錫丈岳でプレ山行(?)をこなし、準備万端。

○4月10日
 この日は行動時間が少ないので朝7時に土岐IC外の駐車場で待ち合わせ。道中では桜が咲いていたりとすっかり春の気配。出発が遅いこともあり、なんだかのんびりモード。車も余裕で赤岳山荘まで入ることができた。駐車場代1日千円って高いよな~。

画像


画像


 駐車場付近は雪がほとんどなかったが、南沢に入ると登山道は徐々に雪に覆われくる。それでも春の陽気で歩き出してすぐ汗ばんでくる。

画像

画像


 2時間ほどで大同心をはじめとした横岳西壁が遠くに見え出す。大同心、今年は行けなかったが来期はぜひ行ってみたい。

画像

画像

 
 いつの間にか右手を見ると頭上に北西稜の上部が見えていた。やがて樹林に入ると小さな赤布と消えかかったトレースを発見。これを目印に登山道からはずれ、樹林帯に入るとすぐに尾根取り付きとなるのでここをテン場とすることにした。

画像

画像


時間が早かったので、偵察&明日のためのトレース付けに出ることに。おそらく目の前の尾根が北西稜末端だろうということで空身で登り出す。古いトレースがあったが途切れがち・・。
30分ほどで森林限界を抜ける。赤岳が見えてきた~。

画像


 取り付く尾根を間違ったかと一瞬勘違いしたりもしたけど、明瞭な1Pの取り付きを確認してテン場に戻った。
 

○4月11日
画像

 テン場は風もなく非常に快適な一夜を我々に提供してくれた。日頃の寝不足も解消され、気力十分。気合を入れて日の出前に行動開始!

画像

画像


 樹林を抜けるころに明るくなりだす。周囲はガスに覆われてはいるが、ガスの切れ目からはこれからの好天を期待させるような青空ものぞく。

画像

画像


 まずは昨日偵察に来た地点を越えて1P目岩峰基部を目指すがそこまでも結構緊張する箇所が続く。だんだんとアドレナリンが出てきて気持ちが昂ぶってくる。気温はやや低めだが、風は弱くコンディションは悪くない。思わず「いい感じだな~。」と呟く。

画像


 1P目基部の取り付きペツルのあんかーボルトあり。ここからロープを出して登攀開始。1P目リードをさせていただく。残念ながら写真なし。取り付きから左に回りこみ。ミックス壁を登るのだが、結構いやらしい。微妙なバランスでロープを伸ばしてピッチをきった。

画像

画像


 さらにつるべでピッチをかせぐ。天気は回復しだし、赤岳が青空の中に堂々と姿を現す。ますます気分も盛り上がり気持ちいい登攀が続く。

画像


 最終ピッチはKさんリード。ここは完全に岩パートそして最難パート。しかし、さすがKさん、落ち着いて最後の抜け口もアブミで越えるとついに登攀終了!

画像


 魔利支天を越えると・・・

画像


 歓喜の(?)頂上。残念ながら再びガスが立ち込め眺望はイマイチ。でも気持ちは大満足。

画像


 下りは行者小屋経由。小屋はまだ深い雪の中。

画像


 あとはテントを撤収して帰るのみ。見上げると昨日と同様に晴れた空に突き上げる北西稜を見ることができた。数時間前まであそこを攀じっていたと思うとついついニヤニヤしてしまう。今期最後の八ヶ岳となったが、まだまだ行きたいルートはたくさんある。大同心南稜・正面壁、広河原沢、旭岳東稜・・・雪が降り積もったらきっとまた八ヶ岳に通うことになるだろう。



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン ウェイファーラー

    Excerpt: 阿弥陀岳北西稜 日高キチガイ~沢と焚火と雪稜を求めて~/ウェブリブログ Weblog: レイバン ウェイファーラー racked: 2013-07-05 16:40
  • エアマックス 95

    Excerpt: 阿弥陀岳北西稜 日高キチガイ~沢と焚火と雪稜を求めて~/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-09 20:04