初!八ヶ岳!!

2012年12月28日・29日  八ヶ岳~阿弥陀岳北稜・赤岳西壁主稜
oyama、T井さん

画像


 “八ヶ岳”とは本州の山屋にとって登竜門ともいうべき山域らしい。岳人や山と渓谷なんかは毎年冬になるとお決まりのように八ヶ岳の特集なんかを組んでいて、自然とそういった意識が僕の中にはあった。今回は同じACCのT井さんからとまさに入門とも言うべきアルパインルートで初の八ヶ岳を堪能してきた。


○28日   阿弥陀岳北稜
6:30 美濃戸口(八ヶ岳山荘) 7:40 美濃戸山荘 10:00~10:50 行者小屋 11:45 阿弥陀北陵JP 12:00 1P取り付き 13:30 阿弥陀岳 14:10 行者小屋BC

画像


 仕事終わりの前夜初で名古屋から八ヶ岳山荘へ。午後10時半に出て着いたのは日付もとうに替わった午前1時半ころ。山荘にある仮眠室(一人一泊2000円也~)で文字通りの仮眠。布団もあって僕は快適に寝れたが、T井は寒くて眠れなかった模様。暖房もないから外と同じくらい寒い。これで2000円はちょっと高い?
 
 明るくなってから歩き出し美濃戸山荘までは1時間程。降雪直後ではなければ車によっては走行可能。

画像

 
 美濃戸山荘からは沢沿いの登山道。次第に雪が深くなり、やっと“雪山”にいる実感が湧く。久しぶりのラッセル、久しぶりに感じるキーンとした張り詰めた寒気。雰囲気はぜんぜん違うのだが、なんか上ホロを思い出す。

画像


 やがて視界が開け赤岳を中心とした南八ヶ岳の西面が姿を見せる。が、思っていたよりも黒々している・・・・。12月の末とは言え北海道の山とは積雪量がやっぱり違うのだ、と思い知らされる。

画像

画像


 翌日から年末年始の営業を始める行者小屋はまだ閉まっていた。我々も小屋の前に他のパーティーと同じくテントを張る。それにしてもさすがに人気の山域。テントを張っている間にも団体さんの登山者が降りてきたり、登ってきたりする。

画像


 BC設営後、予定通りに阿弥陀岳北稜へ。分三郎道から北稜上までバッチリ先行者のトレースが着いており、心配していた取り付きにも迷うことなく到着。寝不足のT井さんは途中からちょっとバテ気味。

画像


 1P目取り付き付近から横岳周辺。天気は下り坂でガスが出てきたが風は弱かった。左奥のポコポコしているのが大同心とか小同心のようだ。いつかあの辺りにあるルートも行ってみたい。
 登攀の写真は残念ながらなし。はっきり言えば全く難しくない。一応2Pザイルは出したが、ノーザイルでも行く人がいるのではと思う。ダブルアックスではなく、グローブでガシガシと岩を掴んで登るというのも“上ホロ”とは違った冬期登攀のスタイル。

画像


画像


 阿弥陀の頂上には小銭がお供えされた小さいな石の仏像があった。北稜登攀中には右手の北西稜をトレースしているパーティーが見えた。こちらはゴツゴツした岩稜が見映えも良くなかなか登り応えもあるらしくなんとかここは今季中に行ったみたいもんだ。

画像

 風が強くなってきたのでとっとと下山。行者小屋のBCにはわずか30分程で帰着。あっと言う間だ。帰着ころから雪となり、湿った雪が一晩降り続いた。ちなみに夜中に上がってきた行者小屋の従業員にテント場使用料として一人1,000円を徴収された。アプローチの高速代そして駐車場代にテント場代、北海道と違って結構お金が掛る。

○29日  赤岳西壁主稜
7:00 行者小屋BC 9:50 1P目取り付き 14:35~14:50 赤岳 15:40~16:00 行者小屋BC 17:00 美濃戸山荘 17:30 美濃戸口(八ヶ岳山荘)

画像

画像


 心配していた降雪も明け方に降り止み、風も無い素晴らしい快晴の朝を迎えた。まさに絶好のアタック日和!しかし、トレースはきれいに埋っており、赤岳鉱泉から上がってきた3人パーティーと交代でラッセルしながら文三郎道を登る。

画像


 結構ラッセルがきつく、気付くと後続には別パーティーも。どうやらそのまま文三郎道から赤岳に行くようだ。さすがに超人気コース。この日はかなりのパーティーがこのルートを通ったようだった。高度が上がってくると背後には素晴らしい景色が広がりだす。

画像


画像


 木々が途切れ出して階段を登りおえると主稜取り付きのトラバース地点となる。僕等2人ともこのルート初めてのため、ちょっと申し訳ない気もしたが赤岳鉱泉から来た3人パーティーに先に取り付いてもらいルートを確認することにした。

画像


 先行パーティーを待つ間にゆっくり休憩。昨日の登攀した阿弥陀岳北稜は一晩で真っ白くなり太陽の光を浴びて眩しいばかり。(手前は中岳)

画像


 見上げると空には飛行機雲。気温も高く風も無い。冬の登攀がこんなんでいいのかな?と思うぐらい穏やかだ・・・。

画像

画像


 1P目取り付きのチョックストーン。思っていたよりずっと簡単だった。ルート全体に残置支点が随所にあるが、キャメやナッツもセットできるので出来るだけ残置に頼らず登ることを心掛けた。

画像


 昨日の阿弥陀北稜よりは若干難しいが問題になる箇所はほとんど無い。ただピッチ数が長いのでスムーズなロープワークは必要だなと感じた。昨日の夜は疲れからちょっと弱気もーどになっていたT井さんもスムーズにフォローしてくる。

画像


 ルートは弱点を突くような感じ。目の前のこの壁は確か右手から行った気がする。(写真外)

画像


画像


 冬の八ヶ岳は晴れても風が強いというから、こんなに穏やかなのは本当に運が良かったかもしれない。先行パーティーもいるので待ち時間もあったが、それも苦にならずむしろ展望を楽しみながらのカメラタイムといった感じ。

画像

 中間部はコンテでも良いような雪田。

画像


 いつの間にか阿弥陀岳より高い位置にいるあと2,3ピッチのはず。ただゆっくりしすぎて結構時間が押してきた。

画像


 ここが上部の核心部。右に回りこむように階段状の凹角を詰めてリッジに出る。

画像


画像


画像


 最後は頂上手前でザイルを解いて登攀終了。あとは10分くらいで頂上!

画像

画像


 なんと頂上から見えたのは富士山!!スゲー、あれが日本一の日本人の心ともいうべき富士山か~と感動!!登頂成功の握手を交わし、余韻にゆっくり、としたかったが時間が無いのでピーク写真を他の登山者にとってもらい即下山。

 行者小屋BCを撤収後は以前所属していた山岳会のパーティーと合流するT井さんを残し一人下山。年末とあってこの時間でも行者小屋目指してどんどん人が上がってくる。この人の多さにも今は違和感があるがすぐに慣れてしまうのだろう。

 美濃戸山荘過ぎでラテルネとなり、6時前に八ヶ岳山荘に。時間ぎりぎりで山荘の日帰り入浴に間に合って二日間の疲れを癒してから長い帰路に着いた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック