コイカク左股沢・・・敗退・・・

2010年8月14(土)-15日(日) コイカクシュサツナイ川左股沢右股沢
 
 2年前に初遡行したコイカク左沢へ行ってきた。久しぶりに登り応えのある沢で、またこういうワクワクするような沢にどんどん行きたいと思ってきた。リハビリの身ではあるが、このレベルの沢を無難にこなせたことはすこーし自信になった。

画像


○8月14日
16:20 コイカクシュサツナイ川出合(登山口) 17:30 C1(580m付近河原)
 半ドンの仕事も無事に終わり、順調に14時半ころには登山口に。ところが、ここで頼れるパートナー・I島が「○○忘れました・・・。」それがなくてはどうしようもないということで再度帯広に戻り、結局歩き出しはその2時間後。

 二日前までの大雨の影響でコイカク沢は増水気味。明日の予報が雨だけに少し不安になる。上二股手前で良いテン場があったのでC1。薪も豊富で今季初の沢中での焚火となった。やっぱり焚火はいいな~。もちろんこの日は焚火の横でごろ寝。雲が広がり星空を眺めながら寝れなかったが残念。


○8月15日
5:00 C1 5:20 640m上二股 5:30 左股沢右股沢出合 10:10 引き返し(1300m付近)  15:15 左股沢右股沢出合 15:40~16:00 C1 17:10 登山口

 朝起きると、霧雨。シュラフカバーが湿っている。遅くなるほど天気は悪くなるはず、今日は時間との勝負と、曇り空を睨みながら5時にC1を出る。

画像
 
 上二股を過ぎしばらくは平凡なゴーロ。580mで右手から2段の滝となって出合っているのが目指す左股沢右股沢だ。本流の渓相も気になるので、これは今後の課題。

 出合いの滝を越えると、辺りを湿った霧が漂っている。間違いなく、雪渓の気配。しかし早すぎるとおもったが、すぐに巨大な雪渓が沢を埋め尽くしていた。そして同時にはじまったのが蚊なのか分からないが虫地獄。絶えず顔の周りを飛びまわり、二人とも顔がボコボコになるまで刺されまくった。

画像

画像


 屈曲点の先まで続く雪渓は途中で亀裂が入るこれまた状態が悪い。側壁も泥壁で雪渓に一旦上がってから左岸に高巻く。側壁の傾斜がきつく、どんどん上に押し上げられる。ルンゼが入る少しイヤラシイトラバースもありこの高巻きは時間がかかった。

画像

 さらに雪渓の最後が15mの大滝となっていることから、一旦、雪渓上に懸垂で戻った後、
雪渓上を横断し、右岸からこの大滝を高巻く。この雪渓と大滝の処理にゆうに1時間以上はかかった。
画像

画像

画像

 1個目の雪渓後、2,3滝を処理すると、再び大きな雪渓。しかし、これは側壁も立っていないのでそんなに難しくなく処理できた。

画像

画像

 ただし、雪渓の先は再び大滝となっており、雪渓上から降りられないので右岸の側壁からこの大滝も高巻く。この高巻きの最中にザイルを一回出す。

 
画像

画像


 その後は登り応えのある滝が続く。日高らしい見事な岩盤状の渓相、天気は雨模様なのが本当に残念だ。

画像

画像

 この30mの滝もザイルを出す。ほとんどの滝はホールド、スタンスがよく見ればあるので直登できるが高度感は結構あるので緊張感はあるかもしれない。

画像


画像

 I島も頑張って登ってくるが、途中からやや疲れが出てきたのか滝見上げて茫然とする姿が目に付いた。
画像

 1300m付近、もうすぐ核心を抜けようとする所、6m程のトイ状の滝の先には巨大な雪渓が再び行く手を阻む。2年前にも雪渓が残っていた箇所で、今回も恐らくあるとは思っていたが、雪渓の状態があまりに悪すぎる。高巻ける渓相では無く、懸命にルートを探るが激しくなってきた雨に霧が濃く立ち込め視界も悪い。これ以上突っ込むと本当に進退が取れなくなる可能性もある事から、ここで無念の撤退を決断。
 「戻ろう。」、下りは夏道と考えていただろうI島には酷な一言だったかもしれない。一瞬信じられない顔をしていたが、見なかったことにしてクライムダウンの連続となる下降に移る。

画像

画像


 懸垂とクライムダウンを繰り返し、ヒタスラ下る。この沢は登りよりも下りの方が少し難しいかもしれない。支点があまりないので懸垂も容易には出来ない。くだりなら50mザイルでダブルが欲しいところだ。(今回は1本だったので少々難儀した。)初めの雪渓の大高巻きは高巻き途中から懸垂で下りて雪渓の脇を抜けることで時間短縮できたが、それでも殆ど登りと同じくらいの時間を掛けて下った。天気が小雨で持ったことは救いだった。

画像

 C1を撤収して、登山口に帰り着いたのは17時過ぎ、12時間行動となった。疲れた割には途中敗退で充実感はなかったが、やるだけはやったので後悔はない。体力はまだ戻らないが、“沢感”はかなり戻りつつあるとみてよいと思う。帰路、本降りとなってきた雨の車中、既に頭の中は来週のポンヤオロ~小函へと跳んでいた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

レイバン サングラス
Excerpt: コイカク左股沢・・・敗退・・・ 日高キチガイ~沢と焚火と雪稜を求めて~/ウェブリブログ
Weblog: レイバン サングラス
Tracked: 2013-07-06 00:42