ニペソツと知床

画像
 大学時代の先輩(A紀さん)が久しぶりに遊びに来た。これまでも大学卒業後に数回遊びに来ていて、夏や秋の大雪山、冬の三段山に案内しているのだが、今回は自分の『お勧めの山』として東大雪のニペソツを案内した。行程はゆっくりと1泊2日。

○9月11日
8:00 杉の沢登山口
10:00~10:30 天狗のコル
11:30 前天
13:10~13:35 ニペソツ山P
15:35 C1:天狗のコル

画像

 10日に釧路空港でA紀さんを出迎え、この日は登山口近くの糠平キャンプ場でささやかな(?)来道祝い。のはずが、モツ鍋の調味料を忘れ飯はイマイチ。現在、京都に住んでいるA紀さんは早くも寒さに震えている。
 翌日、杉の沢登山口に移動し登山開始。予想に反して雨のスタート。天候は回復するはずと思い、歩くも時折強くなる雨脚に気分もやや下がり気味。
 2時間程で天狗のコルに着きテントを張る。コル辺りから木々の紅葉が目立つようになってきた。雨がひどくなったら引き返すことにして、半分諦め気分でピークアタックに出る。
 
画像

画像

 森林限界を過ぎると雨は止んで来たが、代わりにが強くなりガスで視界は良くない。ところが、前天を過ぎしばらくすると、風でガスが流され、上空にも晴れ間が見え出す。背後にはあ石狩連山や表大雪の山々が見えるようになり、正面にもニペソツの雄姿が次第にガスの切れ間に見え隠れするようになる。こうなると二人ともテンションは上がり、ハイペースで頂上に向かって歩き出す。
画像


 ニペソツは紅葉が始まっていた。それにしても、ニペソツは何時見てもカッコイイ。

画像

 頂上は風が強かったが、眺望は疲れを忘れさせてくれる位に素晴らしい。A紀さんも満足げで僕も一安心。風の当たらない場所で長めに休憩した後C1へと戻った。
 C1への帰路、一時雨が降るが、夜は風も収まり、満天の星空を満喫できた。登頂祝いにウイスキーも進み、久しぶりに天の川まで見れて幸せ気分の夜だった。

○9月12日
 5:00 起床
 7:00 C1
 8:00 前天
 9:30~10:30 C1撤収
 11:45 登山口 
 
画像


 朝から気持ちの良い秋晴れ。風もほとんどない。この日はその後の移動もあるので頂上まで行かず前天までナキウサギ探索。
 
画像

 
 C1を出て森林限界を抜けると、目に飛び込んできたのは白く薄化粧をした大雪の山々。初冠雪だ。紅葉も始まったばかりだと言うのにもうそのすぐ後には冬が待ち構えているのだ。

 
画像

 
 前天からは昨日は見えなかったニペソツのかっこよく聳える姿を見ることが出来た。この日はさすがに天気が良く、登山者が次々と登ってくる。その中の一人がナキウサギを何匹も見たと聞いたA紀さん、どうしてもナキウサギを見たいと、ナキウサギの鳴き声が聞こえるたびに立ち止まり、姿を探すがなかなか見つけることが出来ない。

画像


 若干諦めて歩いていると、偶然にも視界にナキウサギの姿が入った。わずか数秒であったがそれでもようやく見ることが出来て嬉しかった。
 

 下山後は糠平で温泉と食事をした後、一路知床の岩尾別へ。足寄や弟子屈で寄り道したら岩尾別ユースに着いたのは午後7時半過ぎだった。

○9月13日
 午前中は雨。知床5湖を周り、午後は知床峠を抜けて野付半島まで足を延ばす。知床峠を抜けると天気は嘘のように良くなり、再び秋の爽やかな天気となる。野付半島は2回目だが、全開よりも全然良かった。
 
 
画像


画像


 最後に開陽台でギリギリ沈む寸前の夕陽を眺め釧路へ帰り着いた。

○9月14日
 夏のような天気。午後の飛行機で京都に戻るA紀さんをこの日は釧路湿原に案内。釧路に3年以上居たが初めて釧路湿原の中の探索路を歩いた。意外と(失礼!)素晴らしい景色が見られて良かった。
 その後釧路ラーメンを食べて空港まで送り楽しい5日は終わった。大学を卒業してもう7年半になるが、かつて研究室で一緒に苦労した(?)先輩とこうして山に行けるのは本当に楽しい。 次に会うときはお互いどういう状況か分からないが、また一緒に楽しく酒を呑み、語り合えたらと思う。できれば山にも登りたいなぁ。
   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Aキ
2009年09月15日 12:36
最初は山だけのはずが、最終的に5日間まるまる付き合ってくれてありがとね~。おかげさまでとても楽しかったです。
図々しかったかもしれないけど、気軽に付き合ってもらえて、久しぶりに会っても気心が知れてて一緒にいてストレスのない仲間っていうのはとっても貴重だなーと思いました(…私の代わりにストレス溜めてたらごめん (^_^;))。

また懲りずに一緒に山に行って下さいな。
健康・安全第一で、お互い元気にまた会いましょう!
oyama
2009年09月15日 21:08
あっと言う間の5日間でした。色々な話が出来て嬉しかったです。シーカヤックは残念でしたけど、それでも充実した楽しい5間でした。
 次は京都(?)でお会いしましょう!

この記事へのトラックバック