日高キチガイ〜沢と焚火と雪稜を求めて〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の積丹岳スキー

<<   作成日時 : 2016/05/10 23:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年3月13日   積丹岳

7:10 車止め 7:50 休憩所(夏道登山口) 10:10 頂上 10:50 休憩所 11:05 車止め

画像


 パートナー不足から今冬後半は随分とスキーに行った。その締めくくりがこの積丹岳。スキーも悪くはないが、若干物足りないのは自分のスキー技術不足なのか。近場の山を選んでいるからか。来季はもっとスキーに時間をかけてみても良いのかもしれない。
  積丹岳は林道も短く、休憩所からもスキーには最適な疎林帯の緩やかな尾根が広がり、高度を上げれば積丹ブルーと言われる日本海が見渡せる。スキーには最高の山なのである。

画像

画像

 歩きはじめの林道。スキーのトレース多数。人気が伺える。気持ちの良い青空の下を出発!平日ということもあって先行者はなし。

画像

 1時間弱で休憩所に到着。冬にここで宴会して次の日登るのも楽しそうだ。

画像

画像

 ゆったりとした疎林帯、ラッセルもなく黙々と高度を上げていく。木々の間から稜線が見え出すと・・・。

画像

 振り返ると、スッキリ、ではないが積丹ブルーの日本海!山から見る海ってやっぱりいいよね〜。

画像

画像

 樹林帯抜けあたりからなんかガスがどこからともなく湧いてきた、と思ったらあっという間に周りは真っ白。

画像

頂上標識はまだ半分以上雪の中。頂上で少しゆっくりしようと思ったがそうもいかないようだ。少し風もあって寒い。早々に滑走開始!

画像

 下っている途中で3パーティほどとすれ違う。1パーティは外人部隊。最近は外人スキー部隊がどの山でも出没している。
 一度休憩しただけであとはあっという間に下山。登り返しもないとホントにスキーは楽だ。積丹の山をスキーで縦走なんてのも楽しいかも知れない。いずれそのうち、してみたい、かな・・・・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の積丹岳スキー 日高キチガイ〜沢と焚火と雪稜を求めて〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる