日高キチガイ〜沢と焚火と雪稜を求めて〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 新見温泉と目国内岳

<<   作成日時 : 2016/04/14 12:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

〇2016年3月9日  目国内岳

画像


 この春に経営者不足から営業を終える新見温泉。いい温泉だよ、と話は聞いていたが中々訪れる機会がなかった。そしてその新見温泉から登る目国内岳もまた良いと聞いていた。これは行かねばなるまいと・・。そしてその機会を作ってくれたのがIさん。Iさんとは7年ほどまでにネパールにトレッキングに行った際にトレッキングの初日に偶然会った。初めての海外トレッキングで不安だったが、同じルートでしかも同じ札幌からということで年齢も僕よりずっと上なのに、気さくで若々しいIさんの人柄にも惹かれ10日ほど一緒に歩いたのだ。それ以来、ハガキやメールを交換するようになり、今回初めて一緒に山に行くことになったのだ。

画像


 当日はIさんの知り合いがさらに知り合いに声をかけるようになり、参加者は10人くらい。初めて会う人たちも多数。こんなに多くの人で登ったのは久しぶり。

画像

画像


 歩き始めは穏やかな天気だったが途中から天気が崩れだし、風も出てきた。しかしIさんは元気。パーティ最年長であるが、一番元気。ラッセルがないとは言え、ほとんど先頭で歩いていた。

画像

画像

 目国内岳は初めて登ったが頂上周辺は巨岩が積み重なり、すこし慎重になる必要があるが眺めもよく、スキーには絶好の山だった。上部はクラスとしていることが多いのでアイゼンもしくはスキーアイゼンがあるといい。頂上では記念撮影をして早々に滑走へ。

画像

 滑走はあっという間。というかみんな凄い上手かったのでちょっと自分の滑りが恥ずかしかった。Iさんももちろん華麗な滑りを披露していた。さすが!
 


 下山後は温泉にゆっくりと・・・。話に違わぬいい湯。この山奥の温泉もなくなってしまうとは、時代の流れとは言え本当に残念。最後に入れて良かった。これもIさんに感謝。また、どこか一緒に行きましょう〜!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新見温泉と目国内岳 日高キチガイ〜沢と焚火と雪稜を求めて〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる