日高キチガイ〜沢と焚火と雪稜を求めて〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 十数年ぶり?札幌岳!

<<   作成日時 : 2015/06/11 06:55   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2015年6月8日  札幌岳 冷水コース

7:00 登山口 8:45 冷水小屋 10:45〜11:35 頂上 13:05 冷水小屋 14:40 登山口

画像

 来週行く利尻のプレ山行?として札幌岳に行ってきた。はじめは藻岩山、ということにしていたのだが、さすがに藻岩山ではちょっと・・ということで自宅からも近くて眺めも良いという札幌岳をチョイスした。しかし、妻にとっては去年秋の高尾山以来の登山であり、やはり藻岩山でも良かったのではとちょっと反省している。

画像

 自宅から30分ちょっとで豊平峡温泉奥の登山口に到着。アプローチの近さが素晴らしい。登山口前の広い駐車場には他に車が一台。僕らが出発準備している間に先行していった。

画像

 平坦な道が冷水小屋まで続く。良く言えば歩きやすい、悪く言えばダラダラと単調な道が続くのである。

画像

 お地蔵さん。信心深いのでぼくらは山行の安全をお祈り。

画像

 多少は急な登りが出てくるくらい、天気はちょっとイマイチだが「楽しい〜」と久しぶりの登山を楽しんでいる様子。

画像

画像

 歩きはじめて2時間弱で冷水小屋に到着。実は札幌岳には山を始めた大学1年の夏に来ているのだがさっぱり覚えていない。考えてみればもう10年、いや15年以上も前のことだ。つーか、もうすぐ20年前の話になってしまう・・・。あ〜、年取ったな・・・。
 ちょっと、休憩とって「どうしますか〜?」と相談。「行く!」というので頂上目指して小屋の裏の尾根に取り付く。

画像

 少し急な尾根を登っていくと次第に展望が広がる。無意根山あたりはまだ雪が残っている。その奥には羊蹄山も。登山道の脇には花もちらほら咲いており、嫁は立ち止まって写真を撮る。「なんて花?」と聞くので、知っている花の名前をもっともらしく答える。まぁ、5分の一くらいの割合であっていることもあるだろう。

画像

 急な登りが終わると、再び傾斜がゆるくなるが、ドロドロの道が現れ歩きづらい。この辺りから疲れが出ていたようで次第に口数が減り出す。

画像

 最後の試練?は雪渓!疲れきった上に、初めての雪渓歩き!すべって体制を崩すたびに疲れが・・・。その姿を見て笑ってしまったらちょっと怒らせてしまった。他人が真剣に苦労してるのを笑うのは悪い癖だ、反省・・・。
 それでも最後まで歩き続け、頂上へ!!

画像

画像

 頂上からは羊蹄をはじめ札幌の山々がよく見えた。お昼も兼ねて少し長めに休憩。考えてみれば自分も久しぶりに山に登った気がする。この時期はまだ虫も少ないし登りやすい。回復しだした天気に感謝して下山にかかった。

画像

 下山中に蛇に遭遇!!結構大きかった。ハチ以外の虫が好きな妻は大喜び!さらにその後大好きなカエルにも出会えてさらに満足したようだが、思いのほか下山が長く感じたようで最後は再び口数少なく・・・・。どうも最後の登りあたりで足を痛めてしまったようだ。確かに冷水小屋からの下りは長く感じた。予想していた時間よりもやや遅めに下山。この後用事もあったので、豊平峡温泉にさっと入って帰路についた。

 どうも登るときは自分のペースや体力で考えてしまいがちなところがあり反省。利尻はゆっくりペースで決して無理をしないことを肝に銘じた。それでも「久しぶりだったからすっごい疲れたけど、楽しかったよ!」と言ってくれた事にちょっと安心したのだった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
来週利尻岳ってことはもう向かっているのかなぁ?自分も妻と結婚前に一度登りました。朝早くキャンプ場を出て丸一日かかりました。懐かしいなぁ
oyaken
2015/06/13 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
十数年ぶり?札幌岳! 日高キチガイ〜沢と焚火と雪稜を求めて〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる